サーバー | UPS BY50Sのバッテリー交換方法

現在,私はSynologyのNAS(Netword Attached Storage) DS918+を利用しており,こちらのNASにOMRON製のUPS(無停電電源装置; Uninterruptible Power Supply) BY50Sを取り付けている.

こちらのUPS BY50Sのバッテリーがなくなり,交換する必要があったので本記事にて交換方法を記す.

購入したバッテリー

以下が購入したバッテリーになる.こちらはAmazonで購入した.

Amazon | オムロン BYB50S 交換用バッテリパック(BY35S/50S用)

こちらのバッテリーをUPSに利用する.左側がケーブルを取り付ける箇所となる.

ケーブルを取り付ける箇所を上側にした写真が以下になる.

取付方法

バッテリーの外し方

以下が,OMRONのUPS BY50S本体となる.以下は,電源スイッチが切の状態となる.

上記UPS BY50Sを左に倒すと,以下画像(ラベルが上部)になる.

上記UPS BY50Sを左を確認すると,以下画像になる.

上記画像の赤枠を拡大した箇所が,以下画像になる.ねじがあるので,ドライバーを利用して外す.

ねじを外し,以下のようにカバーを外す.

カバーを外すと,以下のように既存のバッテリーを確認することができる.

以下が,UPS BY50Sのラベルを上側にした画像となる.既存バッテリーに取り付いているケーブルを外すため,バッテリーの赤線まで引き出す.ケーブルが既存のバッテリーに取り付いているのが,以下の画像にて判断できる.

以下が,バッテリーに取り付いているケーブルの拡大写真となる.黒と赤のケーブルを矢印の向きに力を加えて外す.

以下が,既存のバッテリーからケーブルを外した後の写真となる.

バッテリーの取付方法

既存バッテリーを取り外し,新規バッテリーを赤線まで挿入する.黒と赤のケーブルを矢印の向きにはめ込む.

赤のケーブルを取り付けると,以下画像のようになる.

黒のケーブルを取り付けると,以下画像のようになる.

黒と赤のケーブルを取り付けたので,以下のようにバッテリーを押し込む.

カバーを取り付け,ねじを締める.

運転方法

以下画像は,電源スイッチが"切"の状態となる.

電源スイッチを入れると,自動的に自己診断テストに進み,以下の表示となる.

状態表示が"On"になると,正常運転が開始となる.

参考

OMRON | 無停電電源装置(UPS) BY50S

以上